スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近目にした驚くべき数字。その2

数字の話その2

これは以前から信じられなかった数字ですが、
日本の自殺者の数です。
年間約33000人。
平成15年が34000人でそれ以降多少減少してはいるものの、
ほぼ横ばいです。

1日約90人が全国で自殺しているという、単純計算になります。

この数字は自殺と断定されたケースのみで、変死者や失踪者を含めると
年間10万人近くなるという説もあります。
異常な数値だと思います。

自殺がうつ病と関連していて、うつ病患者が増えているといのはわかりますが、
一方でうつ病の治療薬はここ10年で進歩し、
また治療方法や治療従事者の数も増えています。
メディアはさかんに「うつ病」を特集し、本屋に行けば「うつ病本」だらけです。
それがかえって逆効果なのでしょうか?

最近は小学生の自殺とか衝撃視されていますが、それも例外的な出来事で、
圧倒的多数は50代の自殺です。
さらに意外(?)な数字は20代の自殺者より70代の自殺者が多いということです。
ちょっと前に、ネットで知り合った若者が複数で煉炭自殺することが話題になりましたが、
それは単に自殺方法が世相を反映して変化しただけの話なのです。

警察庁統計では「健康問題」が自殺の原因の半数近くを占めると言いますが、
他国に比して極めてアクセサビリティに優れ、
問題はあるものの皆保険制度が充実している
日本の高齢者医療に重大な欠陥があるとはちょっと考えにくいです。

では経済的問題、「不況」が原因でしょうか?
なんとなくわかりますが、警察庁統計では平成15年が自殺者最高値で、
リーマンショックの時期とはずれています。

では借金地獄、保険金目的の自殺が多いのでしょうか?
電車に乗れば「借金返済のご相談はこちらへ」という弁護士ポスターはいやでも目に入ります。
効果がないのでしょうか?
民主党のセーフティネット政策は焼け石に水だったのでしょうか?

一方でそのセーフティネットや生活保護制度を悪用した
「働かずして食ってやろう」というとんでもない輩も少なくありません。

まったく私にはこの現状が理解出来ないでいます。


さて、自分もそろそろ「自殺適齢期」に突入しますが、
正直「自殺」のことなど考えている暇もない日常です。

うつ病の方々はともかくとして、
自殺を考える人は「精神的に暇状態」なのでしょうか?

数字の話その2でした。


スポンサーサイト

最近目にした驚くべき数字。その1

最近目や耳にした「驚くべき数字」というのがいくつかあります。

話題沸騰のハーバード大学マイケル・サンデルの講義に登場するエピソードのひとつに、
ビル・ゲイツの「秒給」が取り上げられています。

マイケル・サンデルの講義はご存知のように政治哲学に関するもので、
リバタリアニズムと功利主義的論理の対比の例え話として
ビル・ゲイツの資産の話題が登場するわけで、
別に彼の資産そのものが主題ではありませんので、その点は了承を‥。

ところがその数字に驚いてしまう。
資産570億ドル。
断っておきますが、「円」ではありません!
「ドル」です。
どこかの国の国家予算です。

で、サンデル氏はその話の流れで、
ビル・ゲイツの「秒給」を計算したらどのくらいになるか?
という逸話を取り上げます。
要は、仮にゲイツが1日14時間ぐらい、1週間6日とか働いて、
年収を毎秒で換算するといった極めて単純で乱暴な計算ですが、
それが100ドル(!)だそうです。
毎秒100ドル稼いでいるというわけです。
だからゲイツは道を歩いていて1万円札が落ちていても拾う必要がないだろうと…。
もちろんサンデルの講義はここから、
富の再分配や課税の是非に進むわけですが、
その前に毎秒100ドル稼ぐって何なんだろと。

この話には落ちはありませんので、あしからず。

ただ単純にびっくりした数字の話です。


プロフィール

SurgeonX

Author:SurgeonX
Surgeon X

facebook
twitter
surgeon_Xをフォローしましょう
最新記事
クリックThanks!!
最新コメント
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。