FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東北地方太平洋沖大地震 その3

もどかしい報道が続いています。

特に福島第一原発事故に伴う一連の放射能関連の情報は混乱を極め、
政府の対応は一理あるも疑問を呈さざるを得ない内容も散見されます。

その最たる報道は、本日発表された東京都水道水の放射性物質検出の一報です。

詳しい数値は専門家のサイトを検索すれば多くの情報が出回っていますので
省略します。
注意点は、くれぐれも「非専門家による無責任なブログ等での発言」を
鵜呑みにしないで下さい、ということです。

既に主要な報道機関が提示している情報によると、
現在検出されている東京都の水道水の放射性ヨウ素131は210ベクレルという値で、
これは成人の基準値300ベクレルを下回ります。

細かい説明は本サイトに記述する予定ですが、
政府発表の「乳児の水道水摂取制限」には甚だ疑問であり、
先走りの判断と言わざるを得ません。
こんな発表をすれば、子を持つ親はパニックになる事必至です。

断言しますが、一週間、いや一ヶ月そこらこれらの水を摂取しても
一回レントゲンを撮る事よりはるかに少ない被爆で済みます。
一年間どうしてもこれらの水を摂取せざるを得ない状況になりそうな時に
また改めて考えても決して遅くはありません。

ペットボトルの水を買いあさる人は直ちに止めるよう忠告します。
さらに、恐ろしい事を忘れている母親がいるようです。

育児用粉ミルクをミネラルウォーターで調整するのは止めて下さい。
赤ちゃんの腎臓に負担をかけます。


したがって、自然水が身近にない母親は、
これまで通り水道水で粉ミルクを溶かして下さい。


しかも、政府発表は親切心に欠けています。
果たして「乳児」が何歳、何ヶ月の赤ちゃんを指すのか知っている母親が
何人居る事でしょう??

「乳児」というのは一歳未満の子どもです。

ご存知でしたか??

私は1歳以上4~5歳位の「幼児」でペットボトルの水を
がぶがぶ飲む習慣がある子どもを見た事がありませんが、
仮にそういう子がいたとしたら、水道水を飲ませて下さい。
また当然、大人はペットボトルの水を飲まないで下さい。

被災地への支援物資が相対的に減ってしまいます。

今日はここまで。



スポンサーサイト

東北地方太平洋沖大地震 その2

被災を直接受けていない西日本の人々に何が出来るのか?

個人としては義援金、節電、節約でしょうか。
ボランティア希望者が数多く名乗りを上げ、
避難民を受け入れたいという個人、自治体が多い事は日本人として誇りに思います。

さて、物流や人的移動の困難から、
西日本で開催が予定されていた数々のイベントが相次いで中止になっています。

ただ、闇雲に「自粛」感覚で経済活動を取りやめるのはどうかと思います。
もちろん節電、節約という意味で
大規模な娯楽イベントが中止になるのは自然の流れですが、
必要以上に西日本の活気が停滞するのは
日本経済にとり不利益ではないかと感じています。

G7が協調介入するという異例の措置で円高歯止めがかかったものの、
自国での消費活動停滞はいただけません。

そういう意味で、
例えば日本高校野球連盟が選抜高校野球の開催を決定したのは個人的には賛同します。

またJRA日本中央競馬会が今週末から阪神、小倉競馬場での競馬開催を
「東北関東大震災被災地支援競馬」と称して決定し、
売り上げの一部を被災地へ拠出することを表明したのも評価します。

一方でプロ野球セリーグが開幕宣言したのは、
現場に東京ドームが含まれ多大な電力を消費するという意味で当然非難される行動でしょう。
一部に、プロ野球が開催を自主中止すると放映権を持つメディアに損害賠償が発生するため、
開催断念を前提とした上での開催宣言だという説もありますが、根拠はありません。

西日本の医療機関には震災とは関係なく、
日々患者は来院し、救急車は訪れ、緊急手術も行われています。

我々西日本の人々は、これまで同様、粛々と変わらず業務に徹し、
通常の消費活動を継続する事が、
長い目で日本の復興に繋がるのではないかと信じています。

以上。



東北地方太平洋沖大地震

東北地方太平洋沖大地震

未曾有の大災害が発生しました。

謹んで災害のお見舞いを申し上げます。
被災されました皆様に対しまして心からお見舞いを申し上げますとともに、
一日も早く復旧されることをお祈りいたします。

また。救出、救援に携わる、自衛隊の方々、警察、消防の方々、各国からの支援者の方々には
心から敬意を評します。

京都大学入試カンニング事件

「京大入試カンニング事件」に対する警察の対応の早さには目を見張った。
カンニングが「偽計業務妨害」として捜査されるとは聞いた事がないし、
無理があるようにも感じるが、今回の件はいろいろな意味で興味深い。

まず「受験」からかれこれ30年近く経過している自分にとって、
このような形態のカンニングは想像外の手法である。

ただ、多くの人が感じたのは、
試験中に携帯電話からそんな入力が可能なのか??
という疑問と、もうひとつは、
「Yahoo知恵袋」ってそんなに早く返事が帰ってくるのか!という驚きだと思う。

現時点で単独行動とのことで、
「クイズミリオネア」の「テレフォン」みたいに待機していた人の存在は明らかになっていないが、
協力者がいないとしたら凄いサイトである。

流れからすると起訴される可能性は低いが、
逮捕というのはかなり厳しい対応である。
が、この手の報道がなされると、
内容から鑑みて相当高い確率で模倣する連中が発生することが予測される。
それを考えると、ある意味、警察の迅速な対応と
「逮捕」という厳しい制裁は一定の意味があると思う。

前代未聞というからには、
やはりこの手法は容易ではない特別な技術を要するものであろう。
だとしたら、この先長い人生が待っている当該少年には、
その能力をもっと有意義な局面で生かしてもらいたいと思う。



プロフィール

SurgeonX

Author:SurgeonX
Surgeon X

facebook
twitter
surgeon_Xをフォローしましょう
最新記事
クリックThanks!!
最新コメント
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。