FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

衆院選’2012

いやはや、政党が乱立し、まったくもうという社会情勢である。
「綺羅星の如く」とか「群雄割拠」などという形容とはほど遠く、
むしろ「種々雑多」の「十把一絡げ」で「カオス」状態であり、manifestoの蔵出しバーゲンセールである。
政党間の討論は「めくそはなくそをわらう」状態である。
選挙戦の争点は?などとマスコミが煽るが、ある政党はすべての懸案事項にシロクロ付けずに「考慮中、今後の状況次第、要審査」などと
すべてグレイゾーンで戦おうなどとしている。それも一理あるマニフェストウだが、如何せん「弱い」。
どこぞかの女性知事が小沢と市民グループに担ぎ上げられ、新党結成してしまった。
主な内容を見れば共産党と組めば良かったのではないか?という公約である。
そもそも共産党ほど「どしり」と構えた古株野党はいない。
共産党こそ議席を伸ばして欲しい野党No.1であると思っているが、なかなか賛同が得られない。
担ぎ上げられた女性知事の主張は、その分野においてはほぼ共産党が受け入れてくれる内容である。
何故共産党と組まないのか疑問である。
まあ、普通に考えてあの小沢が共産党と連立?。。。噴飯ものである。
それにしても共産党は沖縄に優しい。基地「移設」など生易しい公約を掲げていない。「基地全面撤廃」である。すごい。
オスプレイ即時撤退。すごい。原発即時凍結。すごい。消費税増税しない。代わりに法人税増税。すごい。
TPP不参加、条件無し。すごい。日米安保条約抜本改定。すごい。
共産党に比べたら、女性知事や小沢や河村なんちゃらは完全「おこちゃま」である。
もともと自民党だった元警察官僚の亀井氏に至っては何考えてんだか。。
「脱原発」の市民団体はセクト系を廃し、共産党と組む事を期待する。
個人的には、知らない間に共産党がこともあろうか「第三極」の要になっていた!というシナリオを夢想する。
それって過激、かつエキサイティングじゃないだろうか?
志位さん、しっかりしろや。いまここだぞ、狙うのは。
雑魚どもの第三極とやらを尻目に票を伸ばす共産党に私は期待する。
断っておくが、私は共産党員ではないし、共産党のマニフェストウに反対である。
しかし政治が変わったという印象を持ちたい国民は、(良い悪いはともかく)共産党に投票すべきである。
というか、マスコミが垂れ流す情報、報道がある程度民意を反映していたなら共産党が議席を伸ばすはずである。
で、維新とか太陽とか未来とか人気先行政党は、からっきしのはずである。
が、が、である。実は世の中の連中はマスコミにいいように左右されていない。と信じている。
耳障りの良さそうな何の解決にもならない正義感ぶったコメントを垂れ流す「ポピュリズム否似而非政治学者」におそらく国民は騙されないと思う。
小沢の画策が容易に透けて見える茶番にも国民は騙されないはずである。

続きは衆院選後の12/16に。。。。。。
スポンサーサイト

大谷翔平投手、山中伸弥教授、そしてアントニオ猪木。



「メジャーに挑戦したい」と宣言していたにも関わらず、ドラフト一位指名した日本ハムはつくづく罪作りな球団だと思う。
野球の話である。
花巻東高校の大谷翔平投手の話である。

この場合重視すべきは、過去にない発想を一高校生が展開した事にある。
それが「統計的に」あるいは「想像の範囲において」、
妥当な、つまり「大人の判断」ではない発想だったとしてでも、である。
結果や未来などというものは誰にも予想出来ない。

かつてドラフト4巡目の指名でパリーグに入団したプロ野球選手が、
その3年後に日本プロ野球記録を塗り替えるシーズン210本安打を記録し、
さらにその13年後に米国メジャーリーグの歴史に残る安打記録を樹立したことを
日本プロ野球界は忘れたのであろうか?

「挑戦する事に意義がある、ダメならダメでしょうがない」というのとは少し違う。
斬新な発想がなければ物事は進化しない、という理論である。
ノーベル賞受賞した山中教授の発想でもあり、そしてアントニオ猪木の発想でもある。
「(試合に)出る前に負けること考えるバカいるかよ!?出てけ、こら!」
である。





オバマ大統領再選

オバマ米国大統領が再選を果たした。
ひやひやものの、かなりの接戦だったらしい。
内向きの選挙戦だったとの事で、おそらく日本との関係は考える暇もなかったに違いない。
勝ったのは良いが、この先厳しい大統領業務を強いられるであろう。
米国にとって中東を筆頭に、中国、ロシアといった外交の難題は、
沖縄の基地問題より優先されるであろうことは、残念ながら明らかである。
シリアで毎日戦闘により人々が死んでいる現状は、
長期的視点はともかく、福島のメルトダウンよりはるかに「serious」である。
かの大統領と同い年の私は4年前の勝利から内なるシンパシーを感じていたが、
今回の再選ではむしろ一種の同情すら禁じ得ない。
彼と同時代を生きた地球人として。。。
CNN調査結果によると、都市部はオバマ、地方はロムニー。白人はロムニー、
有色人種、女性はオバマという構図が浮かび上がった。

アメリカはどこへ向かうのか?
そして日本は.....?

プロフィール

SurgeonX

Author:SurgeonX
Surgeon X

facebook
twitter
surgeon_Xをフォローしましょう
最新記事
クリックThanks!!
最新コメント
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。