FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

OD-N○Tとかいう団体

もしあなたが健康で若い女性だったとして以下のようなボランティアをやってみたいと思いますか?
(架空のボランティアです)

まず健康で若い女性であることが必須条件です。
さらに細かい条件はありますが、病院でいくつかの検査を受けてパスしたとします。

で、まず生理の周期に合わせて内服薬を数日間飲まされます。
次に点鼻薬を数日間使うように指示されます。
これらの薬には副作用はほとんどありません。
それに続いて、筋肉注射(または皮下注射)を一週間位毎日打たされます。
この注射には時に副作用がありますが、毎日医師の診察を受けるので重症になることはないでしょう。

その後、簡単な検査でOKが出たら、手術室に連れて行かれます。
全身麻酔の注射をされて、眠ってしまいます。
その間に医師が、あなたの膣に細い針を刺して、あなたの卵子を採取します。
所要時間は10〜20分程度で、深く眠っているので痛みは全くありません。
処置が終わったら、10分程度で目が覚めます。
最初は少し朦朧としていますが30分も休んでいれば元に戻ります。
これで終了です。

さてボランティアというからには誰かの役に立つわけです。
誰かというと、見ず知らずの他人夫婦です。
不妊症に悩む他人夫婦に、あなたの卵子が子供を授けてくれるかもしれないのです。
「かもしれない」というのは、
上記のひと過程で他人夫婦に子供が授かる可能性は多く見積もって2割程度という意味です。

さて一方で、上記の過程(2週間ぐらい)をハワイやロサンゼルスでやってみませんか?
というボランティアがあったらどうだろうか?
もちろん渡航費、宿泊費、生活費ただで。
まあ、その条件で「ボランティア」と言えるかどうかは疑問だが。

いずれにせよ、この架空のボランティアに関して
自分は必須条件満たしていないためこれ以上は語れない。
しかしボランティアを募る側はあらゆる情報を提供する義務がある。
ということは主張しておこう。





スポンサーサイト

幸せについて考察してみる。その一

「幸せ」とは何か?

(架空の話)
ある少女がいた。
少女には水泳がとても得意な姉がいた。
少女が5歳の時、その姉と同じスイミングスクールに通い始める。
姉を真似、姉を目指した。
少女の上達は凄かった。
その地方都市のコーチは「この子は伸びる」と思い、必死に教えた。
少女はがむしゃらに泳いだ。
勿論、姉が目標で、泳ぐのも好きだった。
小学校高学年になったが少女の勢いは止まらない。
次々と地元の大会記録を塗り替える。
そのうちコーチや親は色めき立つ。
「この子はもしかしたら…….」
少女は地元の公立中学に進学する。
「日本一」を目指せると手応えを感じたコーチらは、もう無我夢中となる。
少女も同じく、無我夢中になっていた。
気付けば何と「オリンピック日本代表」。
少女にはそれが本来どんな意味を持つのかすらその時点ではわかっていない。
ただ、ただ、ひたすら練習あるのみ。
過酷であった。
しかし少女は耐えた。
大好きな姉が、母が、家族が、友達が、そして教えてくれたコーチが、
みんな自分に期待している。
応えなければ。

そしてその日が訪れる。
遠くスペインの地で。
無我夢中、がむしゃらに泳いだ末、気が付けば表彰台の中央に立っていた。
スーツ姿の外人のオジさんがメダルをかけてくれた。
そして君が代が流れる。
そして少女は思った。
「頑張ってきてよかった」
涙が溢れた。
カメラフラッシュ。
マイクを持った日本人が近づいてきた。
「今、どんなお気持ちですか?」
少女は数秒間を置き、その時の正気なこころの内を明かした。
「今まで生きてきた中で一番幸せです」

これが「幸せ」のひとつの形態である。まさに。
(架空の話だが)

松井秀喜さらに書けば

昨日、NHKクローズアップ現代で、松井の生き方に共感する同世代の若者が増えている、
という話題が放映されていた。
要約すれば、派手なプレーの後でも謙虚な姿勢、不屈の精神、逆境にも耐えて黙々と努力する様。
諦めない姿勢。などなど。
断っておくが私は松井を嫌いでも何でもない。
しかし、上記に象徴される要素は、過去様々なスポーツ選手や芸術家が内在し実践してきた事である。
ことさら今、取り上げる事象であろうか?
平凡で常識的ではないか?
何故イチローじゃなくて松井なのか?
イチローは神過ぎるからか?
単なるブームである。引退と国民栄誉賞による盛り上がりである。
はっきり言えば、そんなこと自分も実践している。松井を知らなくても。
嘘ではない。

皆忘れてはならないのが、松井には類希なる素質があったということである。
身長188cm。柔道やらせれば小学生チャンピオン、相撲やらせれば優勝。
「ギフト」まみれである。
いや、共感してその人たちが人生を切り開いていってくれたらそれにこしたことはない。
ただ、松井というアスリートはスーパースターである。
当たり前の事であるが、どんなに態度が謙虚であろうと、自分をスーパースターだと思っていないわけがない。
いや、これは松井の批判では決してない。
共感していいのか?という話で。
「憧れる」のはいくらでもかまわない。
例えば私のような凡人がスーパースターに感情同期するのは危険と隣り合わせだと言う事である。
かつてマイク・タイソンに憧れたが共感はしていない。
対戦相手の耳を噛み千切った時点で憧れは消滅している。
つまり一歩間違えれば逆にどん底に突き落とされる可能性もある、
ということである。

ただ子供の頃は矢吹丈に共感したものだ。古いか。
以上。





松井秀喜、長嶋茂雄、そして国民栄誉賞

Googleのインスタント検索で「松井」と入力すると見知らぬ女の名前が「松井秀喜」の前に2人出てくる。
何者かと思ってサイトを開ければ、何のことはないあのメタボ中年率いるユニゾンお遊戯集団のメンバーだった。別に松井秀喜のファンではないが、国民栄誉賞を取っても検索トップに来ないとはインスタント検索の仕組みはともかく同情してしまう

ちなみに「本田」と入力すると、たぶん「圭祐」がトップかと思いきや、「本田翼」に抜かれている。
誰かと調べれば20 歳の女タレントモデルで、つくづく若くて可愛い女を検索している日本人が溢れていることに日本の将来はどうなるんだろうと憂えてしまうが逆に「まあそんなもんか」と納得もする。

さて本題だが、2001年5月5日の朝日新聞「私の視点」という論評欄に当時巨人の現役監督であった長嶋茂雄氏が「松井よ、君は残ってほしい」と題した寄稿をしているのを記憶している人は多くないと思う。
これは翌年にFA権獲得が可能となり、メジャー移籍が噂される松井秀喜に対するメッセージで、低迷する日本プロ野球人気を憂えてのエッセイでもあった。引用するとこうである。

『いずれうちの松井も大リーグに行きたいと言う時が来るでしょう。イチロー君があれだけやれるのだから、「おれもやってみたい」という気持ちは当然持っていると思います。しかし松井は球界を代表するビッグタレントですから、球界全体の問題でもある。行かせてやりたい気持ちはやまやまですが、日本球界のために残ってほしいという思いもあります。』

佐々木やイチローのようなスター選手が、メジャー(つまり海外)に移籍することによる国内のいわゆる「空洞化」を危惧した長嶋氏の気持ちがよくわかる寄稿であったためよく記憶している。
しかし稀代のカリスマからの熱いメッセージは叶わず、翌々2003年松井はヤンキースに移籍する。
その後の日本プロ野球界を見れば、海外挑戦という(医者で言えば海外留学)経歴が一流の証みたいな風潮は現在も続いている。悪い事ではない。
その結果、では日本プロ野球界は空洞化したかというと、そうでもない。確かに人気は低迷しているが、別にそれは野球に限ったことではない。大相撲だってそれ以上だし、どのエンタメ、スポーツ業界も浮き沈みはやむを得ず、例えば格闘技業界など悲惨なものである(比較するのはプロ野球に失礼だが)。

さて、この寄稿を松井が気にしていたかどうかともかく、長嶋氏を振り切ってメジャーに行った。
長嶋氏も了承したが、一点の曇りもなく送り出したわけではないことはこの寄稿が物語っている。
その2人が、この度同時に国民栄誉賞を受賞した。松井は当時のこと(つまりメジャー移籍に関する長嶋監督はじめ国内業界世論)を認識しているはずである。
しかし彼は、長嶋監督との一番の思い出は何か?と尋ねられて、あの慎重な松井が「一緒に素振りしたことです」という。思わず出た本音としか取れないあどけない発言をしている。いわゆる「師弟関係」の弟側の言葉とは思えない。浅薄な政府が師弟関係と思い込み、彼らに同時に国民栄誉賞を送ったと推測されるが、実は彼らは世間の常識でいう師弟関係とはほど遠い間柄であったと私は思う。松井側からの長嶋氏はかなり観念的な存在であったに違いない。






プロフィール

SurgeonX

Author:SurgeonX
Surgeon X

facebook
twitter
surgeon_Xをフォローしましょう
最新記事
クリックThanks!!
最新コメント
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。